Month: 4月 2017

往時ゲームを久々にしてみました。

むかしレジャーを久々にしてみました。

今どき、こどもがむかしレジャーのワークショップというのをやったそうです。

むかしレジャーって如何なるの!と思ったのですが、こま回し、竹馬

めんこをやったそうです。

けん玉や凧揚げをやったキッズもいたとか。

うちの周りはこどもが多くて、帰ってきてからも駄菓子屋で買った

それらの玩具で遊んだりしていたのですが、

ずいぶんツボがいりますよね。

身が小学校の時ももうむかしレジャーのジャンルでしたが、

うちの近くにも駄菓子屋があった結果、そこで売っていた木のこまで

遊ぶのが一時的にはやった事がありまして、直接こまにひもを巻きつけて

投げ飛ばすやりかたのこま回しは自負でした。

こどもから少し借りて回してみたのですが、今でもうまくできました!!

先々、周囲における子供達にも教えたりして、

「○○君の母体すげえ!!」なんて褒められたりして

何故か照れくさく、嬉しかったです。

とっくに褒められることもなかなかないので。

それにしても、むかし取った杵柄に関してでしょうか、

その位より、大変曲線がかわってしまいたのですが、竹馬もまだ乗れましたし

けん玉もてっべんに刺せましたし、大いにカラダが覚えているものだと

ふとドッキリでした。

むかしレジャーの中では、現代風に組み合わせされてる物質もわりとありまして、

こま回しも、以前に子供達の間ではやったベイブレードとか、

けん玉もお皿の部分が広くできるようになっているプラスティックのものが

あったりとか、昔より進化してる物質も出てますよね。

ベイブレードはひもを巻かなくてよかったり、ひどく

簡単にできるようになってて素晴らしいな〜と思います。

これ程簡単でいいの!なんて思ったりしちゃいますが、

今はそれが当たり前なので、いまひとつ深く考えないようにします。

凧揚げだって、昔は半紙にイラストを描いて凧を作る宿題が冬休みに出た

記憶がありますが、いくぶんしたらなくなり、ビニールの凧ばかりみかけるようになり、

今ではほとんど見かけないという経緯をみてきていらっしゃるから。

面白く遊べるのが一番いいですよね。

でも、むかしレジャーのワークショップはこれからも続いて行って欲しいなと思います。

こどもとの連絡もますます弾みます。臭い人はこちら

0060_mensblog01_454

急場にも冷静に!防災に関する実装がものをいう

地震が起きた場合に亡くなられた死者の原因のうち際立つものは、火災や家具集団が倒れ為のプレス死と言われています。無対策で置いた内側が倒れたり落ちたりして大創傷を負ったり死んで仕舞うことを防ぐ為には、具体的にどの様にすればいいのでしょうか。用意をするときの基本はある程度おっきい布および水、モバイルバッテリーと言えます。過去の多くの被災した方達が、風呂敷の様な布がほんま役立ったと振り返っています。加えて水のボトルは用意しましょう。真実を呑み終わってもボトルは色々なシーンで活躍する防災グッズですから、アクシデントの際は加工せずにて利用するようにして下さい。防災器材には、ケータイできてなおかつどちらも料理可燃料などが売られ、簡単に入手出来ます。現に使ってみつつそんな器材のユーザビリティに実施していると、非常事態にも自分の身内だとか周りの耐える個々を救えるので、研究してみましょう。ウェブサイト